保育園に就職するためには

subpage01

共働き家庭の増加に伴い保育園の不足が社会問題となってきており、さまざまなメディアでもその問題が取り上げられています。
そのために保育園の職員である保育士は、就職に強い資格として人気が高まってきています。

保育士の就職情報の失敗しない選び方を紹介します。

保育士の資格を得るためには、高校を卒業した後に保育専門学校か保育士の資格を取得することのできる短大か大学に進学して、所定の単位を揃え試験を受けるということになります。

専門的な知識が必要とされ、子供が好きであることや、工作や音楽などの一定水準以上の技術も求められますが、その分就職後は長く安定した働き方ができるということで、特に女性に人気の資格となっています。



保育園の数は圧倒的に不足していると言われており、保育士も同様に不足気味であるのは全国的な傾向です。

そのために多くの求人案件が出されている状況が続き、比較的条件の良い求人情報の中から就職先を選択するということも可能な状況となっています。

最も安定した就職先としては、市町村が運営する公立の保育園です。


公務員という身分を得られますので福利厚生や給与水準などが高く安心して働くことのできる就職先です。

年に1回もしくは臨時的に採用情報が公表されるので、各市町村のホームページなどをチェックすることをおすすめします。
民間の保育園でも、正職員としての採用となれば安定した収入が確保できると考えて良いでしょう。



随時更新される求人情報を、インターネットのサイトで確認するなどして、魅力的な案件を見逃さないようにすることが大切です。