今では資格がなくても保育園に就職が出来る

subpage01

法律改正に伴い、保育士の資格を保持していなくとも、保育園で就職することが出来るようになりました。この無資格者が働けるようになった背景には顕著な保育士不足による苦肉の策でした。

少子化であり、未来に繋がる子供達は貴重な人材です。

人材達をしっかりと育てなければ日本の未来はありません。


しかし、この人材達の面倒を見る立場である親達は回復しない経済状況の煽りを受け、両親は共働きをし、その間は保育園に預けなければなりません。



しかし、肝心の預ける保育園保育士がいなければ誰も面倒を見ること出来ません。

この無資格者が働けるようにしたのもこうした問題が積み重なった結果です。

無資格でも就職することが可能なので、今後増加するかは比較的新しい法律のため現時点では不明の状況です。



しかし、今後は政府も様々な政策を用いて、保育士を優遇していくと考えられます。

待遇や給与等の保育士の悩みの種を優遇策によって解消させる動きです。

保育士の就職について詳しく知りたいならこちらです。

保育園の就職してスキルを身に付けることは今後の保育士への優遇策も合間って、無資格者の自身にとって良い方向にプラスしていくと考えられます。


このスキルを身に付けるのはとても大変ですし、忍耐を要します。今までは保育関連の学校に通学して、ゆっくりとスキルを磨いてきたのに、今は無資格者の立場として現場で一気に勉強しなければなりません。

現場で保育士としてのあり方とスキルを学び、一人前にならなければいけません。